カラミざかりvol2(2巻・続編)前編|3話の無料ネタバレ

痛っ・・・

そう反応する里帆をみて

状況を察した貴史。

俺に任せろと高成から里帆を

引きはがしそのまま・・・

☆無料の試し読みは画像をクリック


カラミざかり vol2 前回のあらすじ

 

今日も貴史の家に

四人で集まっている。

ようやく理帆とヤれる事になった

高成であったが貴史の”王様”を

やりたいといった好奇心に

邪魔をされてしまう。

目の前で起こっている光景に

思わず勃起してしまった高成は

里帆のパンツを下し・・・

☆無料の試し読みは画像をクリック


カラミざかり vol2 第3話 ネタバレ

 

目の前で高成が好意を寄せている

理帆が貴史の肥大化したおち〇ぽを

いやらしく舐めている。

その光景に勃起してしまった高成は

おもむろに理帆のパンツをずり下し

背後から挿入を試みる。

 

痛っ・・・

 

そう言った理帆を見て貴史が

すぐに高成を止める。

どうやら理帆はまだ濡れていなかったようだ。

すぐにびちょびちょにしてやると貴史は

高成の前で理帆のおま〇こを舐め始める。

 

はんっ♡んっ…

 

理帆も思わず声が出てしまう。

理帆も舐めて。そう言った貴史は

理帆の顔の前に自身の

おち〇ぽを持っていく。

お互いにお互いの性器を

舐め合う二人。

部屋にはいやらしい音が響く。

 

ぐぷっじゅぷっじゅるるっ

 

理帆と貴史を見て高成の興奮も

最高潮へ達しておりこれ以上ない程

勃起していた。もう大丈夫だろそう言い

貴史が理帆のおま〇こから離れる。

するとさっきまでとは比べ物にならない程

べちょべちょになった理帆のおま〇こがある。

 

じーっと観察した後高成は挿入へ移った。

興奮のあまり理帆のおま〇この場所が

よく分からず上手く挿れない。

動揺する理帆のおち〇ぽを自ら手に取り

おま〇こへ導いた理帆は

・・・いいよ

と高成へ告げた。

カラミざかり vol2 第3話 シコいポイント

 

本格的に寝取られ方向に話が動きましたね。

 

自分の愛する理帆が貴史によって

おま〇こをべちゃべちゃにさせられる

シーンは胸がぎゅううっと

締め付けられる想いと共に

興奮してしまいます。

 

誰よりも苦しいはずなのに

誰よりも興奮している高成。

 

きっと様々な感情が交差しているのでしょう。

 

清楚な顔をした理帆が

大胆な恰好でいやらしくおち〇ぽ

を舐める姿は容易に射精可能です。

 

さらに一番最後のシーン。

挿入に苦戦する高成を自ら導いた所。

あのシーンは本当に溜まりません…

 

カラミざかり vol2 第3話 感想

 

前回に引き続き貴史察しろよ!!!!

読んでいる全ての人が感じたのでは

ないでしょうか。

貴史にも悪気がある訳ではなく、

あくまで高成に挿入をさせる為

と言うのがなんとも言えないです。

 

挿入可能な状態にした後

すぐに高成に代わる当たり

本当に悪気はないんでしょうね…(笑)

次回恐らく高成はようやく里帆に

挿入する事になると思いますが、

どの様に二人が乱れて行くのか

楽しみです!

 

ではまた次回。

☆無料の試し読みは画像をクリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です